PC-9801RAを復活させる

ごみ捨て場に落ちていたPC-9801RA21(386 20MHz, コプロ付き)を修理してみました。 ディスプレイがないので一部のVGAディスプレイで映るような変換アダプタを作製しました。 関係無いですが、PC-98用のキーボードも2つ落ちていたので拾っておきました。

電源が入らない

拾ってきてとりあえず火を入れてみますが「ピポッ」音がしません。 電源が入った後の写真しかも電源LEDもつきません。 ハズレかな...と思いつつとりあえずケースを開けてみます。目立つ外傷(コンデンサ破裂等)が見当たら ないので、電源の故障を疑いました。

Webを検索したら、 PU463 SANKEN ELECTRIC というページをみつけました。僕のRAに入っている電源もまさにこれです。 電源を開けて、このページに書いてあるコンデンサを確認してみました。多少埃のため見づらいですが、

の一連の小さな電解コンデンサがすべてダメになっていました(破裂はしていないが、 液体が足に垂れていました)。これらを交換したところ電源は入るようになりました。

2009-01-29追記

PC-9801DAを手に入れたのですが、こちらも同様の不具合が出ていました。 上記5コンデンサの交換でこちらも直りました。

ディスプレイがない

さて、どうやら電源は入って動作はしているようですが、ディスプレイがありません。 ちなみにここまでの動作確認はディスプレイ無しでROM-BASICに入り、BEEPとFORループを 回すことで行いました(初期98にROM-BASICがあるからできる技です。ちなみに最初に How many files(0-15)?と聞かれるので一回リターンキーを押してからでないと プログラムを入力できないことも忘れないでください)。

PC-9801のディスプレイは水平同期24.5kHzなので、普通のAT互換機用のディスプレイに 単純に信号を入れても映らないかもしれません。が、試しにやってみました。 作ったアダプタの写真 変換アダプタはD-Subのコネクタをハンダ付けして作りました。 結線は以下の通り:

DB15(PC-98)-DB15HD(VGA)
1-1
2-6
3-2
4-7
5-3
6-8
8-5
12-10
14-13
15-14

PC-98側の1,2 3,4 5,6ピンはそれぞれ映像の信号なので、これらにつなぐ線として、 より線を使ってみました。おまじないみたいなものですけど。

このPC-98-VGAディスプレイアダプタを使って、家にある液晶ディスプレイにつないでみました。

以上のような結果になりました。EIZOのディスプレイはPC-9821Ra40のVGA出力からは 正常に映像を受信しますが、PC-9801からは(同じ解像度でも)受け入れないようです。 一方、HITACHIと書いてあるジャンク液晶はうまく表示してくれました。 単に警告を表示する機能がないだけかもしれませんが。

というわけで今度はディスプレイを見ながらROM-BASICに入って、簡単なプログラムを動かしてみました:

スクリーンショット

見事3色ともに動いています。色ズレ等はありません。今後のために、 どのディスプレイがPC-9801で動いて、どれが動かないのかのデータベースが欲しいですね。

さいごに

このパソコンの中を見て僕の友達の一人は「当時は平和だったんだなぁ」と言っていました。 たしかにCPUにもその回りにも冷却機構らしいものはありませんし、基板のパターンにしても すべて直角に曲げてあります。平和だったんですね。 というかこのコンピューターの購入が1990年、これを書いている今は2008年なので、 18年も前のものです。計算機にとっての18年はかなり長いですね...